ダイエットが中々成功しない理由(3)

Pocket

現代人の多くは明らかに運動不足です。
しかし、ダイエットをして少しでも体重を減らしたいというかたがたでさえ、ほとんど運動をしません。
ダイエットの基本は、摂取カロリーよりも消費カロリーのほうを多くすることですよね。
摂取したカロリーが消費しきれなければ、どんどん脂肪として蓄積されていくという、単純明快な身体のシステムです。
人間は、特に意識していなくとも内蔵や脳が自動的に働いてくれていますから、生きているというだけでカロリーを消費しています。
それを基礎代謝と言いますが、これは年を取ってゆくほど、少なくなってゆきます。
成長期にはどんどん代謝が行われますから、少々食べ過ぎても太る心配はありませんでした。
しかし、20代、30代になっても同じように食べていますと、だんだん太ってくるのがわかります。
これは加齢などによって代謝が落ちてきているからなのです。
そして、マラソンや水泳などなにかしらの運動でもカロリーは消費されますが、運動によるカロリー消費は思っているほど多くないという定説が世の中に浸透してしまったために、ダイエットをするかたでさえも、運動をしなくなったのではないでしょうか。
身体の脂肪を1kg落とすために必要な消費カロリーは7000kcalだと言われています。
女性が1時間、ジョギングしたときの消費カロリーは470kcal、水泳(クロール)ですと1039kcal程度と言われています。
1時間ずっと続けてということですからけっこうハードですよね。
運動しても簡単に体重は減りそうもありません。
しかし運動することによって筋肉がつきますから、そうしますと基礎代謝量がアップすることになります。
そうすれば、黙っていても消費されるカロリーが増えるわけですから、後々の事を考えても運動はやっておいたほうが絶対に良いです。
また、芸能人を見ればよくわかるでしょうが、メリハリボディのかたが多いですよね。
単に細いだけよりもずっと美しいでしょう。
あれもまた常に運動をして、美しい身体をキープしようと努力しているからに他なりません。
芸能人は人に見えないところで、数多くの努力をしているということを忘れないでください。

コメントは受け付けていません。