有酸素運動と言われて思いつく代表的なもの「ウォーキング」です。
ダイエット目的、健康維持目的でウォーキングしている人をたくさん見かけます。
ウォーキングは、特に必要とされる道具も場所も必要なく、いつでも誰でも気軽に始められる運動として人気があります。
運動強度も低く、ダイエットの手始めとしてウォーキングをする人もたくさんいます。

1時間のウォーキングを行った場合、カロリー消費量は、200kcal~300kcalです。
歩く速度や歩く道のり、平坦な道なのか坂道なのかによって差は出てきます。
内臓脂肪を1kg落とすのに必要と言われているカロリーは6000kcalなので、毎日1時間ウォーキングを続けた場合、1ヶ月後に1kg~1.5kgのダイエットができていると思います。
歩くことで体の筋力アップをはかることもできるため、歩き続けていくことで代謝量をアップさせて、さらに効率的に内臓脂肪を燃焼させることができるようになっていくと思います。
ウォーキングによってカロリーを消費できるだけではなく、運動をしたことでデトックス効果もアップして代謝量をさらに上げることもできます。

毎日1時間のウォーキングが効果的ですが、これが厳しいという人は無理をする必要はありません。
毎日30分のウォーキングでも大丈夫です。
脂肪が燃焼され始めるのには、有酸素運動を連続して20分以上行ったころからです。
ですから20分以内の運動は効果がありません。
1週間に1度か2度週末にだけ1時間ウォーキングするよりも、毎日30分弱でも続けていくことが最も有効な内臓脂肪対策になると思います。