内臓脂肪は、筋肉を動かすときの熱源として使われている脂肪です。
体にとって必要となる大切な脂肪です。
脂肪酸が出し入れしやすくて、代謝が活発なので燃焼させやすい脂肪です。
そのため皮下脂肪よりも内臓脂肪の方が、運動や食事改善などのダイエットによって燃焼させやすく落としやすい脂肪なのです。

内臓脂肪をチェックするには、外見からではわかりづらいため体脂肪計などで確認するといいです。
ダイエットしたい人は家に1台は体脂肪計を用意して、毎日測定するようにしましょう。
外見的に痩せていても、体脂肪計などを使って測定した結果体脂肪率が高い人は「隠れ肥満」です。

内臓脂肪を効率よく燃焼させて落とすためには、食事の改善、運動の2つがポイントとなります。
内臓脂肪を減らしたいときには、食べないダイエットは逆効果になります。
1日に必要と言われているエネルギー量をしっかりと摂り、栄養バランスのいい食事を規則正しく摂るようにすることで体の代謝を促進することができます。
特にビタミン、ミネラル分、食物繊維などを積極的に摂るようにするといいでしょう。
適度な運動をすることもとても大切なことです。
積極的に燃焼させてダイエット効果を得るためにも、適度な運動を継続して行うようにしましょう。

内臓脂肪は、簡単につきやすいものですが、落としやすい脂肪でもあるため、ついてしまったからとあきらめることなく食事と運動に気をつけて生活していくようにしましょう。