内臓脂肪 燃焼 ダイエット

内臓脂肪について

私たちの体につく脂肪。 脂肪には3種類あります。 「内臓脂肪」、「皮下脂肪」、「中性脂肪」。 脂肪は、ついてはいけないものではなく、体に必要なものでもあります。 多すぎず、少なすぎず、体にとって適切な量の脂肪が必要なのです。 ・「内臓脂肪」→内臓の周りへつ

男性と女性の違い

脂肪のつきかたはみんな同じではありません。 特に男性、女性ではつき方に違いがあります。 男性の脂肪のつき方に多いのが「りんご体型」。 女性の脂肪のつき方に多いのが「洋ナシ体型」と言われています。 りんご体型というのは、胸の下からおなか周りにかけて大きく膨ら

内臓脂肪の燃焼

内臓脂肪は、筋肉を動かすときの熱源として使われている脂肪です。 体にとって必要となる大切な脂肪です。 脂肪酸が出し入れしやすくて、代謝が活発なので燃焼させやすい脂肪です。 そのため皮下脂肪よりも内臓脂肪の方が、運動や食事改善などのダイエットによって燃焼させやす

脂肪燃焼率

効率よく内臓脂肪を燃焼させるためには、脂肪燃焼率を高くする必要があります。 脂肪燃焼率というのは、運動によって燃焼される脂肪の割合のことを言います。 ダイエットを成功させるためには、適度な運動、バランスのいい食事が大切です。 しかし実際のところどれだけの運動を

ウォーキング

有酸素運動と言われて思いつく代表的なもの「ウォーキング」です。 ダイエット目的、健康維持目的でウォーキングしている人をたくさん見かけます。 ウォーキングは、特に必要とされる道具も場所も必要なく、いつでも誰でも気軽に始められる運動として人気があります。 運動強度

日常生活における運動

改めて「運動」という時間を設けなくても、日常生活において有酸素運動をするチャンスはいくらでもあります。 ほんの少しの努力で内臓脂肪を燃焼させることができて、ダイエット効果を得ることができます。 例えば、どこにでもある「階段」を使う積極的に使うことです。 普段

水泳

毎日歩くのは大変と、ウォーキングを続けることに不安がある人におすすめのダイエット方法が「水泳」です。 水泳は有酸素運動で、短時間で全身を動かして多くのカロリーを消費することができます。 内臓脂肪を燃焼させてダイエット効果が得られるおすすめの運動です。 特に長距

食事のポイント

簡単な食事制限でも内臓脂肪を燃焼させてダイエットすることができます。 内臓脂肪の燃焼に効果的な食事のポイントを紹介します。 ・腹八分目にする。 ダイエットにとって大切なことは、お腹いっぱい食べすぎないことです。 基本は腹八分目。 そして早食いもやめましょう。

食べる時間に注意

体の代謝が良ければ、食べてもエネルギーとなるため内臓脂肪として溜まる心配はありません。 内臓脂肪を効率よく燃焼させるためにも基礎代謝を活性化させることが大切です。 体の代謝率は1日の中で時間帯によって劇的に変わります。 ですから代謝のいい時間帯に食べることで、

炭酸水を飲む

「炭酸水」が内臓脂肪を燃焼させるのに大きな効果を発揮すると知っていますか。 この炭酸水と言うのは、糖分が入った炭酸ジュースのことではありません。 海外などで良く飲まれるミネラルウォーターに炭酸が入ったものです。 糖分は一切入っていないもので、天然の湧水などに炭