「書くだけダイエット」は、ノートに毎日食べたものを書いて、それを見直して自分で改善していくというダイエット方法です。

ただ食べたものを書くだけでなくて、毎日、朝食、昼食、夕食、おやつなど、何をどれくらい食べたのかを改めて認識することで、「こんなに食べてしまった」とか「カロリーを摂り過ぎてしまった」ということに自分で気づき、反省したり改善方法を見つけたりしていきます。

やり方としては、まず1週間は、何も考えずに毎日食べたものを書いていきます。そして、2週目からは前の週を振り返って反省点を改善しながら続けます。

これを続けていくうちに、おやつに生クリームたっぷりのケーキやチョコレートケーキなど、カロリーが高いものを食べていた人は、ゼリーやダイエット向けのデザートなど、低カロリーのデザートを意識してしたり、食べ過ぎてしまった日は、その分運動したりするようになるのです。運動が嫌いな人でも、自分の食べ過ぎが目に見えてわかってしまうと、「これはまずい、少し運動をしないと」と、ちょっとずつ体を動かすようになるはずです。

書くだけダイエットの習慣がついたら、併せて行うと良いのが、体重を毎日測って書く「測るだけダイエット」です。やり方は、朝と夜の2回、同じ服装で体重を測るだけです。目標は、1日50g体重が減れば合格とします。たった50gでいいの?と思われるかもしれませんが、1か月順調に減らせれば1.5kgになります。無理に減らそうとすると、良い効果は絶対に出ません。50g減らなかった日は、身に覚えのある原因を書きます。それを見て反省することで、自分なりに改善方法を見つけることができるのです。