水中では陸上と違って“浮力”があるので、体が軽くなり足腰にも負担がかからなくなります。それでも水圧によって、筋肉には大きな負荷がかかります。そのため、水中でウォーキングすることは、陸上を歩くよりも、水の抵抗によって効率的にカロリーを消費することができるのです。

しかし、ただ水の中で歩けば良いというわけではなく、ダイエット効果を上げるには、水中ウォーキングをする時の姿勢がとても重要になります。正しい姿勢で行わないと、ダイエット効果が得られなかったり、腰などを痛めてしまったりしてしまいます。そのため、正しい知識と方法で水中ウォーキングを行いましょう。それでは、水中でウォーキングを行う時の姿勢や方法を紹介します。

姿勢は、胸を張って背筋を伸ばしてピンと立ちます。そして、お腹に少し力を入れて骨盤を少し前方へ出すようにウォーキングします。目線は前をまっすぐ見て頭がぶれないようにしましょう。普段歩くときもこの歩き方を意識すると、良い筋肉が付いて痩せやすくなります。

ウォーミングアップとして、まずは、「歩幅の広い歩行」を紹介します。歩幅は水中に肩が沈むくらい大きくとり、両腕は前後に大きく振って、股関節が伸びていることを意識しながら歩きます。始めはゆっくり行い、体が慣れてきたら少しずつ速度を上げていきましょう。この方法によって、大腰筋が刺激されるので、姿勢の改善や腰痛防止、ヒップアップなどの効果があります。