「水中ウォーキング」によるダイエットは、簡単で体に負担も少なく、しかも楽しくできるおすすめのダイエット方法です。それでは、より効果的にダイエットできるように、水中ウォーキングの正しい方法から3つ紹介します。

正しい姿勢で水中ウォーキングのウォーミングアップができたら、股関節を鍛えるために、ひざを上げてウォーキングしてみましょう。方法は、ひざをできるだけ高く上げて、体は前の方へ倒して、腕を大きく前後へ振って歩きます。

次は、ウエストのシェイプアップに効果のある、ひざを広げたウォーキングです。方法は、片足を前に踏み出したら、後ろの足を横90度になるように持ち上げて、弧を描くように前方へ大きく踏み出します。手は、後ろから前へ水を描くように大きく運び、腰をひねります。注意してほしいことは、無理やり体をひねると、逆に腰などを痛めてしまうので、自分ができる範囲で行うことが大切です。

最後は、下半身の筋肉の強化やお尻を引き締める効果のある、横歩きによるウォーキングです。足は横向きにして、上半身は水中に沈むくらい開いて横歩きます。手は横に伸ばして、肩の高さまで上げ、足の動きと一緒に水を押しながらウォーキングします。足をしっかり開き腰を落とすことで、お尻と下半身を鍛えることができます。また、手を大きく広げて水の抵抗をしっかりと感じるようにかくことによって、二の腕を効果的に引き締めることがでます。